関連ページ  : 用語集 | 俗語集


プレイヤーが使用している言葉(俗語)の解説をするページです。主に、当サイト、5ch、ツイッターなどのSNSで使われている言葉をピックアップします。
公式用語の解説は、用語集をご覧ください。

左のサイト内検索、並びにCtrl+Fでのページ内検索を活用してください。

あ行 Edit Edit

うどん
「犬神印の特製うどん」のこと。お値段有償石1000石也。
日輪の忠剣 アスカの絆レベルを5アップさせることが出来るアイテムで、絆レベル50+限界突破×4回+霊格上昇×3で真華式神に変化させることが可能。
修練場の真華上級・真華超級ステージでも絆レベルを上げるアイテムを取得できるが、修練場周回だけで絆レベル50まで上げるアイテムを集めるには3か月近くかかってしまうため
一杯1000円のうどんを買いに行く陰陽師が続出した。
うどんの値段が妥当なのか一部で論議があったが、真華式神はほぼ新キャラ扱いであり、キャラ性能は期間限定式神以上の強さを誇るため
同盟戦等の対人要素のあるコンテンツで大きなアドバンテージを得られるので「同盟戦で数か月分のアドバンテージ(あるいは優越感)を得るための金額」と考えればそこまで悪くないのかもしれない。
実にソシャゲーらしいあくどいビジネスモデルと言えよう。
オオエノミヤ
オオミヤノメの間違い。お狐の味方はオオミヤノメ。ヒメでも「ないわー。」
車掌がいるぞ!囲め!
ようこそお狐あやかしランブル!へ
お狐ランブル
本作における狐キャラの多さを示した言葉。
元々、狐にまつわる妖怪、怪異憚が本邦に多いこともあり、必然、それらをモチーフにしてキャラクター化する本作でも狐キャラが増えることとなっている。
初期から出ている面子だけでも、イヅナ、小狐丸、ヤコ、葛の葉とおり、それぞれのver違いも含めれば余裕の両手超えである。
対して狐のライバル的存在である狸は、マミ、ミツバと後は☆2勢と劣勢を強いられている。

か行 Edit Edit

ガジマ先生
記念すべき最初のイベント、第1回 降魔の戦場「VS 樹魄双穿 ガジマのボス、ガジマの事。
AP10消費で短時間でクリア可能で経験値30、武器防具(特に防具)に銭貨も取れると非常に「美味しい」イベント&ボス。
サービス開始直後とあって育成も装備も何もかも足りない陰陽師たちの壁となり、次第に低いレベルから倒されることでキャラの成長を促し、
最終的に報酬として有用な武器防具を授けてくれる姿から、いつしか敬意をこめて「ガジマ先生」と呼び慕う陰陽師が自然発生的に現れるようになった。
(「師匠」の呼び方もあるが、現在では師匠というと白澤をさすことがほとんどである)
以降の「降魔の戦場」のイベントでは、このイベントが基盤となって開催されるため、降魔の戦場イベントの原点にして手本とも言える。
後の同イベントでは、カタクは火ガジマ先生、深海ノ蒼燭は水ガジマ先生、
ガジマと同属性の牛頭に至っては新ガジマ先生…と「属性ガジマ先生」と呼ばれることさえあった。
公式においてもその扱いは認知されているようで、遠征任務のレア任務として「樹魄双穿ガジマ討伐任務」が存在する他、
2周年記念イベントがゴールデンなガジマ先生だったりする。
金角
召喚時の演出における★5装備の事。
金玉
召喚時の演出における★5式神の事。
クズ式神三銃士
サボりの多い問題児メグスセリビメマシロの愛称?
★5/練武の大師範 鬼一法眼の交流エピソードにて、三人の性根を鍛えなおしてもらうために、彼女の道場へ連れてきたイズナがこう呼んでいる。
しかし、その三人の中で唯一「任務サボり100回に達したので、1050年地下行きとなった」のでそもそも道場に来ていなかったり、イベントやエピソードでも問題を起こしたりする別格さから、メグだけを親しみを込めて(?)クズと呼ぶプレイヤーもいる。
“クズ式神三銃士”はゲーム内エピソードに登場する呼称ではあるが、ただ単にユーザーが“クズ”と呼んでいたりもするため俗語的になってしまっている。
問題児たちのネタっぽさがあってこその呼称で、“クズ”だけでは知らない人には暴言にしか見えず安易な使用は推奨しない。
夢のぽんぽこ大合戦内の催しでは帝釈天が「三銃士 with 余」として指揮していた。これはライターのQAによると「帝釈天の名声を聞いた3人が楽して勝ちたいがために頼み込んだ」模様。
拘束ハメ、拘束編成
行動を封じる弱体効果「拘束」を絶え間なくかけ続けることによって敵を倒す戦法。
特殊攻撃に拘束を持つ式神に攻撃速度UPをかけて回転率を上げながら、隙間を奥義の拘束で埋めて封殺することを狙う。
敵が単体で、かつ制限時間が長い任務であれば実現しやすい。
拘束の成功率にもよるが、上手くはまれば被害をほとんど受けることなく強力な敵を討伐することができる。

ただ一部のボスには拘束無効がついている場合もあるので戦闘中の情報は念のため確認しておこう。

さ行 Edit Edit

師匠
理の究明者 白澤 の事。
道術の達人ではあるが色々とだらしない白澤の面倒を見ていた陰陽師君が、
周りと本人から弟子入りしたと勘違いされ、いつのまにか師匠になっていた。という交流エピソードが由来。
周年キャラ
周年記念や半周年記念として登場するキャラのこと。しかし、あやらぶでは周年記念キャラと称した式神追加は行われていない。
10月中下旬や4月中下旬ごろにそれっぽい式神が登場しているため、それらのそれっぽい式神を周年キャラと呼ぶプレイヤーもいる。
昇格
★4以下で登場していた式神が、★5式神になって新登場すること。
★5イベント限定式神になった場合や、★5イベント限定式神で登場したあとに恒常・限定へ新登場した場合を含めることも。
昇格演出
召喚演出の一つ。発生すると召喚時に表示される式神の珠が金(★5)に変化する。
2023/05/17のアップデートで演出が変更。表示されるタイミングや内容が変わった。昇格内容は★5への直接昇格のみとなり、★4へ昇格する演出は無い(★4化を挟む2段階演出もない)。
発生時すぐに分かるのは、門を開いた後に召喚内容が予告された際、式神の珠にヒビ(光)が入り★5式神の珠が現れるパターン。結果表示で★5式神が現れる。
次に個別の結果表示の直前に、花弁が珠に集まる、または五芒星演出が入り★5式神の珠が現れるパターン。これは過去の演出と同様だが「3→4→5」の2段階は無くなった。
以下の★5式神確定演出があった場合、門を開いた際の召喚内容予告で★3~4の式神の珠しかなければ昇格演出が確定。
・門からTAP前の段階で光が漏れている。
・門を開いた直後に花が舞い一瞬後姿が映る。
★5確定召喚では、★3~4式神の珠で予告表示後に昇格演出を行って★5!…などといった、わかりきった演出は発生しない模様。
ちなみに、召喚中に一度Skipボタンを押しても昇格演出発生でSkipが中断される。再度Skipを押せば省略可能。
+

過去の内容

人権、人権キャラ
「攻略に必須とされるほど強力なキャラクター」を指す。
当wikiにおけるコメント欄でも散見される。
ゲーム用語だと思って日常会話やチャット等で何気なく「人権」と、
略して使ってしまうと非難誤解を受ける恐れのある言葉でもある。
寝室
交流3番目のハーレムエピソードの事。X指定(R-18)版でのみ閲覧可能。
DMMのタワーディフェンスゲーム「千年戦争アイギス」の実装初期において、ムフフなシーンへの遷移メニューが「寝室」だったのが由来。
適度に紳士的な呼称が使いやすかったのか、以降は他のブラウザゲームのR-18シーンもしばしばこの通称で呼ばれている。
もちろん紳士と寝室を掛けたギャグであり、そもそも性行為をすることを紳士と呼ぶこと自体ギャグでしかなく、
この言葉を用いる陰陽師は、本当に自分を紳士的だと思って発言しているわけではないので、カタギの人はあまりガチになって相手をしないようにしよう。
スキルパ
スキル(特殊攻撃・奥義)を得意とする式神を軸として組んだ編成の事。
すり抜け
ゲーム的な俗語としては『ガチャを行った際に目当てのキャラクターと同じレアリティが出現したが、それが目当てのキャラクターでなかった場合』にこう言われる。
あやらぶの公式名称で説明すると、ピックアップ召喚において目当ての式神と同じレアリティが出現したが、それが出現率アップ中となっている「ピックアップ式神」でなかった場合を指す。
目当てのキャラクターでないキャラが出現したが、それが想定していなかったながらも嬉しい結果だった場合は、基本的にこのように呼称はされない。
つまりハズレの意味合いでこのように呼称される、召喚に於ける陰陽師の嘆きの1つである。

あやらぶでのピックアップ召喚では、ピックアップ式神それぞれとそれ以外となる恒常式神がそれぞれ均等に近い確率になる。
例えばピックアップ式神が1体の場合は、ピックアップ式神と恒常式神の確率が共に1%となる。
ピックアップ式神が2体の場合ならば、ピックアップ式神それぞれが6%、恒常式神が8%となる。そこはピックアップ式神を7%であってほしかった
そのためピックアップ召喚を行う場合は必ず確率がピックアップ式神≧恒常式神となっている。
更に恒常式神は、それぞれの式神がコンマ001%の確率となっているため、式神単体であれば狙って出現するものでない。
だからもしこのすり抜けが起きてしまった場合は、余計な運を使ってしまったことによるダメージが中々大きなものになる。
万が一このすり抜けが起きた場合、そのショックな感情を露わにするとせっかく来てくれた相手式神に失礼にあたるため、リアクションには注意しよう。
石板
鋳造鍛造で解析する「石盤」のこと。
当wiki内の記載ですら「石板」となっている場合があるため、ここに限らず情報収集では石板でも検索してみよう。
染め
火属性ならば火属性のみ、風属性ならば風属性のみと一つの属性に絞って組まれた編成の事。
たまに式神の奥義・特殊攻撃・特性に○○属性式神編成時~という文言がある場合があるが、これは染めを指している。
ゾンビ
式神を何度も復活させることによって敵を倒す戦法。ゾンビアタック。
あまり認知されていないが、このゲームの敗北条件は「主人公が倒されること」なので、
主人公が攻撃される前に式神を復活させることができれば、式神が全滅しても問題ない。
つまり、式神が復活する分の霊力を確保し続けられれば半永久的に戦うことが出来る。
敵の攻撃間隔が短いと復活させる間に主人公が攻撃されてしまうので、特に敵が1体しかいないボス戦において有効。
復活に必要な霊力が少なく、耐久性に優れ、特殊行動で霊力を供給できる★5/鬼面下の秘密 酒呑童子は非常にゾンビ適正が高い。
時間制限のある戦闘ではその効果を発揮しづらい。

た行 Edit Edit

炭鉱/炭鉱夫
修練場の装備上級を延々と周回する行為、および周回するプレイヤーのことを指す。
元々は某ゲームの用語で「お守り(あやらぶで言うところの石板)を求めて延々と採掘を続けるハンター達」の呼び名である。
石板発掘と装備獲得任務による霊晶石採掘(トータル報酬)を、黙々と続ける陰陽師の姿はまさに炭鉱夫と言えよう。
鍛造レシピ
鍛造マイレージPTを消費して作成できる(した)レシピのこと。作成レシピとも。
鍛造で石盤を解析して得られるレシピ…と思われそうで紛らわしいが、そちらはただ“レシピ”と呼ばれることが多く、慣れたプレイヤーには大体伝わる。かもしれない。
遅延撃ち
奥義の撃ち方を工夫し、敵の特殊攻撃間隔を伸ばす技法。詳細は怯みの項を参照。
通攻パ
通常攻撃、あるいはその判定を持つ特殊攻撃などを得意とする式神を軸として組まれた編成の事。
デバフ
あやらぶに限らずゲーム用語としては、プレイヤーやキャラを一時的に弱体化するスキルや技、弱体化行為、もしくは弱体化効果自体を指す。
あやらぶのヘルプ記載的に説明すると、『ステータス効果の中でも主に不利な効果を発揮する「弱体効果」』となる。
攻撃DOWNや防御DOWNを始めとしたステータスDOWNの弱体効果がこれに当たる。
バフと同様、俗称としてはかなり浸透しており、俗称であることを知らないプレイヤーも結構いるとか。
当wikiにおけるコメント欄でも頻繁に散見される。
店員
★5/天下一の桃店員 モモや、商店で売り子を務めるお姉さんのこと。
店員さん呼びの場合は、商店のお姉さんである場合が多い様子。
モモ登場後は戦闘関係の話題ではほぼモモを指す。お姉さんも戦える。
トークン
固有の名称を持つステータス効果の総称。
プレイヤー側が使用する分では強化効果に結びつく事が殆どなので「トークンバフ」とも。
風の牙」や「アマテラスタンプ」等、登場が早かったものはそのまま呼ばれていることも多い。
トークンそのものは効果を持たず、他の奥義や特殊攻撃、特性の効果でトークンの有無・数を参照され、それぞれ効果が変化・追加(有効化)する。
戦闘画面では他のステータス効果とは別の位置*1、奥義アイコンの上に専用アイコンで表示される。4個以上になると「アイコン×個数」で表示。
敵から式神へ付与されるステータス効果についても同位置に表示される物がある。
この呼称や説明は公式の遊び方やゲーム内ヘルプに載っておらず、これら固有のステータス効果を総称する公式名称は存在しない。
限界突破の事。限凸とも。突=凸。
ネットスラングでは「突撃」や「突発」を意味する他、
あやらぶのように、ソーシャルゲームで同じキャラ複数回キャラを加入した際にも度々こう呼称される。
1凸(または凸1)など数字が添えられている場合は限界突破回数を表す。(この例では限界突破1回)
あやらぶでは4回まで限界突破ができ、この状態を公式では限界突破完遂と言い、俗称的には4凸もしくは完凸と呼ばれている。
あやらぶでの限界突破は、召喚だけでなく界破鏡で行うことも可能。
どちらの手段で行った場合でも、限界突破・凸共に呼称を区別する必要はない。
特攻
特殊攻撃のことで、レシピの追加スキル略記で「特攻会心威力」となっていたことからによる実質公式用語。
ソーシャルゲームにありがちな特攻キャラ(アイテム)を彷彿とさせるが、そういった効果はない。
ドルオロチ
イベント、迎春アイドル初ライブ!時に実装された★5式神、八柱斎演ヤマタノオロチのこと。
HPを50%以下に下げ、かつそれを維持しなければならないという厳しい条件こそあるものの、奥義の消費霊力減少の特性持ちであることから、
実装が2020年の式神でありながら今なお闇のスキルパ編成に入る余地のある式神である。
ただ他属性と比較するとお世辞にも使い勝手がいいとは言えないあたり、闇が不遇と言われる所以の一つとも言えるのだが…

な行 Edit Edit

ナギ石
商店にて期間限定式神ピックアップ時に合わせて期間限定で販売される、ナギの特別霊晶石パックのこと。
他ソシャゲでいう所のいわゆるお得石というやつである。
値段に合わせて松、竹、梅と分かれており、何れも同価格帯の販売有償石と比較してかなりお得な内容となっているため、
その恩恵にあやかっている課金陰陽師は少なくないと思われる。

は行 Edit Edit

パァン、服パァン
式神のHPが0になり戦闘不能となってしまう事。
R-18版における、戦闘不能カットインにて服が破れる…というより盛大に弾け飛んでいるのが由来。
DMMのブラウザゲーにおいて、やられてしまった女の子の服が破れるという表現自体はよくあるものの、
このゲームにおいては元々布面積が危険なキャラが多いこともあり、まさに「パァン!」という表現が相応しい破れっぷりを見せてくれる。
なお、X指定版だとマイページに切り替えボタンが配置してあり、好きなだけパァン!させることができる。
配布レシピ
過去に公式で配布されていたレシピID(鍛造の追加レシピ)のこと。公式配布レシピ。
いつでも入手可能とされており、ゲームのヘルプや鍛造ページで確認できる。
公式配布レシピとは別に、ユーザー(プレイヤー)がレシピIDを発行してSNSなどで配布していることがある。
鍛造ページのコメントでも配布されていることがあるので覗いてみよう。
バフ
あやらぶに限らずゲーム用語としては、プレイヤーやキャラを一時的に強化するスキルや技、強化行為、もしくは強化効果自体を指す。
あやらぶの公式名称で説明すると、ステータス効果の中でも主に有利な効果を発揮する「強化効果」のこと。
攻撃UPや防御UPを始めとしたステータスUPの強化効果を指す。
デバフと同様、俗称としてはかなり浸透しており、俗称であることを知らないプレイヤーも結構いるとか。
当wikiにおけるコメント欄でも頻繁に散見される。
怯み
式神や敵が攻撃を受けた際に発生するモーションのこと。大崩界戦の特殊攻撃1で確認すると分かりやすい。
怯んでいる間も制限時間は経過するため、特に大崩界戦のような制限時間があり長い怯みのある攻撃を放ってくる敵相手では、怯みに合わせて奥義を使って怯み時間を奥義演出でスキップする必要があることも多い。
一方敵が怯んでいる場合、立ち直るまでの間はこちらが一方的に攻撃できる。そのため果心居士などの超低コストで怯みを誘発できる式神を使えば、相手にのみ行動させず一方的に嬲ることも可能(怯みハメ)。また、そこまで特化せずとも、バースト後に奥義を連射する際、攻撃奥義→画面が明転し、相手が怯みから立ち直るまでの間に奥義、と繰り返せば、相手の行動までの間隔を増やすことが出来る(遅延撃ち)。
遅延撃ちの効果は相手の攻撃が苛烈であればあるほど高まる。そのため、攻撃が厳しい上に、上手く相手の行動を遅延すれば制限時間終了まで最大特殊攻撃を撃たせないことが可能な、同盟戦高レベルへの1ポイントでの挑戦を試みる場合覚はえておきたい。
藤田
あやかしランブル!のプロデューサー。
たまにプロデューサーレターを出す。
ポチ
★2の水属性式神ぽちこ……のことではなく、メイン8章や魔戦場にてお目にかかれるボス、マガツノミコ掌眼型のこと。
2021年のエイプリルフールイベント、降臨、最強式神イズナにて、マガツノミコ掌眼型がガジマ先生大総統のペット、腕立てしすぎたポチとして登場したのがきっかけで、
そのインパクトからほぼほぼマガツノミコ掌眼型≒ポチという公式が成立した。
希少な女性マガツヒのため元々一定層からの人気はあったのだが、ポチとして登場したエイプリルフールイベントにおいては無表情キャラながらの徹底したわんこぶりなどがさらなる人気を博し、
その後の2周年記念イベント、第一回陰陽大祭においては人気敵役の蟹嬢を退け、見事1位を獲得する結果を残している(その受賞コメントもポチを意識したものとなっているが、のちに実装された13章辺りを見る限り、最初からわんこ系のキャラであった可能性もある)。
その後、13章実装の際には、★5式神 馴良なる禍つ巫女 ハクとして、新チハヤと共に限定プレイアブルキャラとして実装されている。
誉れ
「誉れの妖狐記章」の略称。主に高難易度コンテンツやスコア武道会をクリアすることで獲得できる。
KKP(究極解析パック)が有償石5000という強気な価格設定のため、幻の石板と交換するのが一番効率が良いと言われているが…?
誉れは浜で死にました
「誉れの妖狐記章」を幻の石板と交換したが、有用なレシピを一つも取得出来ず誉れの妖狐記章を無駄に浪費してしまった陰陽師の魂の叫び。あるいはその状況のこと。
要は鍛造ガチャ爆死報告で上位同盟のコミュニティでは最早月初の風物詩と化している。
元ネタは某時代劇風洋ゲーの、勝利と言う目的のためには手段を選ばない、と言う心構えを示した主人公のセリフからで、本項の意味や用途とは全く異なるものなのでそこは留意すべし。

余談であるが、正攻法では勝ちの目が全く見えないボスに対して、相手の動きを完全に封じる拘束編成で挑戦する、といった状況は元ネタの本来の意味で用いるのに相応しいかもしれない。
まあ拘束無効持ちに対しては地力を上げて勝つしかないのだが。

ま行 Edit Edit

ミリ処理
同盟戦において、ごくわずかに残ったHPを削り、ボスを倒すこと。
効率(貢献P÷討伐P)が下がるため、やりたがらない人もいる。
ミズマル
ミウのこと。ミウが乗っているタコの名前から。
メインヒロイン
それはあなたの心の中に――
ここ(俗語)で言う「メインヒロイン」は、物語や交流でヒロイン力を発揮したキャラに対する呼称の一つ。
「まるでメインヒロインのようだ」といった感想によるものなので、考察などの真面目な会話で無い限り、必ずしも公式の設定や他人の意見に沿う必要は無い。当然押し付けも以ての外。
ちなみに「遊び方(ヘルプ)」の「戦闘>戦闘について>12.Burst」には『ヒロインの《ナギ》』と記載されている箇所がある。
メロンパン
五十鈴のこと。宣伝バナーの文言から。
モーキャン
2021/01/13メンテナンス前まで可能だった戦闘技術。式神の行動に合わせて奥義を使用することで、攻撃モーション及び通常攻撃をスキップ。特殊攻撃の発動回数を増やしたり、特殊攻撃の発動タイミングを調整し、バフやデバフを他式神の特殊行動に合わせるなど、戦略の幅を広げていた。
全盛期は最小コストでモーキャン出来るという点に着目して★3アオイが採用されるパーティーが現れたり、鍛造を使って攻撃速度を調整し、モーキャンに特定の式神を巻き込まないようにするなど、編成やTLの組み方に大きな影響を及ぼしていた。
原理としては、式神の攻撃モーション(式神のSDの動き。攻撃速度に影響されない)と攻撃の待機時間(攻撃間の間隔。攻撃速度に影響される)が一体化していたことにより、攻撃中に奥義を使った場合、その演出中に攻撃の待機時間が経過することで、演出時間分待機時間が減らされ、演出からの復帰後に即座に式神が行動することで起きる。
改修後は待機時間が奥義の演出中に経過しなくなった。そのためモーション中に奥義を使っても、攻撃待機時間のカウントは進まなくなった。
なお怯みをキャンセルするために自軍対象の奥義を使ったり、逆に怯みを誘発し続けて攻撃を封じるために敵対象の奥義を使うことは未だに有効である。これについては怯みの項も参照のこと。
もちもち
逢魔襲来イベント、またはそのボスのこと。イベントを周回することを「もちもちする」と言ったりもする。
最初の逢魔襲来イベントである「奇怪!」おかしな大騒動!?~トリック&トリート~のボスエネミー「もちもち甘味王」が元。
サービス開始から2つ目のイベントでありながら、周回するほどAP/BP回復薬が増えていくというお得さで、ガジマ先生に引き続き多くのユーザーの度肝を抜いた。
後の開催では回復薬の獲得量が修正され、BP回復薬に至っては最初の5箱以外に入っていない。
代わりに救援ではBP消費なしで討伐に参加できる(報酬も手に入る)ようになっており、AP回復薬に関しては時間の許す限り無限に手に入れられる。

や行 Edit Edit

ら行 Edit Edit

龍王
用語集の通り、1部2章にて登場。
しかしこちらとは別に式神として善如龍王も存在している。
本来ならばこの混同を避けるために式神の方は善如龍王と呼ぶのが相応しいが、
式神として龍王と呼称した場合は大抵善如龍王を指す。
性能としては、単騎で攻撃速度を上げつつ霊力消費を抑え、様々な効果も付与できるため、実装された2020年から長期に渡って活躍した。
現在も恒常キャラクター内では属性を比較的選ばない優秀なスペックを持ち、真華の契りも実装されたため特に初心者の段階でお迎えできると大きな力になってくれるだろう。

わ行 Edit Edit

英字 Edit Edit

KKP
商店で販売されている「究極解析パック」のこと。究極(K) 解析(K) パック(P) それぞれの頭文字から。
有償商品の頭文字の略語ということもあり、鍛造に関するTwitterやチャットを行っていない層への略語としての認知度は低い。
5000霊晶石かつ有償限定と高価だが、内容は★5レシピ確定の幻の石盤30枚、★4以上レシピ確定の輝く石盤250枚、英気の霊薬(大)50個と豪華。
しかしそれでもお目当てのレシピが手に入るとは限らない、鍛造の闇レシピ掘りの奥深さを伺わせる商品となっている。
「鍛造応援パック」という似たようなパックもあるが別物で、そちらは数少ない「改定の筆」「復元の鎚」 の入手先となっている。
P、討伐P
同盟戦で使用する討伐Pのこと。1P・3P・5Pなど数字を添えて使用量が表される。
プロフィールコメント等では自身の戦力を表すために ボス属性・Lv・○P などを記載されていることがある。
例として「火Lv135 2P」だと「一人で火属性ボスLv135を、1Pで2回挑戦して倒せる」だったり、
「水Lv150 5P 80%」では「水属性ボスLv150を、5Pで1回挑戦してボスのHP80%分ダメージ与えられる」といった意味になる。
TL
「timeline(スケジュール表)」の略。「チャート(作業や処理の手順)」と呼称する人もいるが、意味や使い方はほぼ同じと思っていい。
同盟戦や武道会で最大ダメージを出すために、奥義を撃つキャラとタイミング(残り秒数)をメモ帳やEXCEL等に書き起こしたデータのことを指す。
戦闘中に
・味方式神のバフ・デバフを更新するタイミング(残り秒数)と奥義発動キャラ
・回復奥義を使用するタイミング(残り秒数)と奥義発動キャラ
・攻撃奥義を使用するタイミング(残り秒数)と奥義発動キャラ
を逐次確認しながらプレイすることで、操作ミスを防止できるのが最大の特徴。
より効率的なダメージを出せるように調整するため、攻撃速度をあえて上げきらないようなものが作成される場合もある。

数字・記号 Edit Edit

1Pバースト
同盟戦で討伐Pを1P使用する30秒戦闘でバーストを行うこと。
これには、アラミタマ「タユラメ」の編成効果「初回Burst時間短縮」が必要となる。
使用する編成に一番多い属性のタユラメを最大昇華しなければ時間短縮が30秒以内に届かず、
大崩界戦ボスのダメージカット仕様によって、目的の属性以外で先に使用可能となることが少なくない。

コメント Edit Edit

コメントを投稿する前にログにて同様の内容がないか確認して下さい。


最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • なんかこの前のリセマラのページばりに酷い内容が追加されたな -- 2019-11-15 (金) 12:12:26
    • 編集者用掲示板には書いた。さすがに実在の人物名指して誹謗中傷は度を越してるし。 -- 2019-11-15 (金) 12:22:20
      • 主観的過ぎるとのご指摘がありましたので自分が書いた項目だけ削除しておきました。 -- 2019-11-16 (土) 13:45:16
      • よりによって圧倒的に問題なのが一つだけ残っているのもなんだし、当人ではないけれどプロデューサーの項目も消しました。 -- 2019-11-16 (土) 22:12:25
    • すまん、Pの書いた俺だわ。誹謗中傷とかいうけど、これでもwiki用にかなりマイルドに調整してあったんだな。他ネタでレイドイベ当初の便秘・糞詰まりやらククノチうん食やら言われてたのはさすがに避けたし。
      今後自重して項目書かないから安心貰っていいけど、一つ尋ねたいが一体何をどこまでならここはOKなんですかね? -- 2019-11-17 (日) 22:33:06
      • 角を削ってもここが本スレのノリ自体が駄目なんじゃないか。じゃあ何をもって俗語とするのかって話なんだけども -- 2019-11-17 (日) 22:42:57
      • 編集者用のほうに削除提案したの自分だけど、マイルドとは言え実在の人物に対してあまりいい印象を与えない書き方がされていたから名誉毀損成立の可能性があったのが提案した理由。言葉狩りのつもりはなかった、ごめん。 -- 2019-11-18 (月) 15:35:22
      • そもそも本スレとこっちは全くの無関係だから5chのノリを持ち込まれる事自体嫌がる人が多いと思うよ 雑談ページで使われる程度の「初見が一目で分からない単語」(鬼=逢魔)に留めるのが良識ってもんでしょ -- 2019-11-18 (月) 22:36:54
      • 時と場所と場合を使い分けられるのが大人の嗜みってやつよ、あそこはそういう場所 -- 2019-11-19 (火) 21:48:51
      • ネトゲとかならそこまで酷くなければ大方許容されるが、これは所詮ソシャゲだしプレイヤー層と気質がやっぱ違うよ。その辺考慮しないと駄目だね -- 2019-11-20 (水) 01:14:18
  • 簡単に粛清したり消すなら俗語集自体の項目を削除すべきではないかと思うんだが… -- 2019-11-17 (日) 22:02:08
    • しょっぱなから度が過ぎてる記述がされただけでそういう問題ではない -- 2019-11-20 (水) 03:19:42
  • 初めて見たがもちもちがあってガジマ先生ないのか…編集わからんからできるならお願いしたい。 -- 2019-11-24 (日) 03:04:09
    • めちゃくちゃ簡単だから自分でやれ
      既に書いてあるもん参考にすればいい -- 2019-11-24 (日) 11:31:58
  • 俗語とはいえヒロイン論争になりかねないものは書くべきではないのでは -- [0JN8XHDJfZY] 2020-08-04 (火) 17:27:30
  • 最近wikiを見始めたのですが、1Pや3P5Pとは何を指すのでしょうか? -- [6kxITKrwL8U] 2022-03-01 (火) 23:41:03
    • 同盟戦(ギルドバトル)での消費ポイントのことですね。
      それぞれ1ポイント=30秒、3ポイント=110秒、5ポイント=190秒の挑戦時間制で
      同盟戦期間中に毎朝規定の量が配られるポイントからどれだけ効率的にダメージをたたき出せるかの勝負を行なっています
      自慰行為とか乱交とかそう言うことじゃないよ♡ -- [GHKoKhnsEvo] 2022-03-02 (水) 00:00:21
      • 回答ありがとうございます。
        まだ同盟に参加していない事もあり、戦力の指標としてあまりピンと来ていなかったのですがすっきりしました! -- [6kxITKrwL8U] 2022-03-02 (水) 10:37:18
  • 誉れは…のやつフロム全く関係なくない? -- [aqNyyntDBcs] 2022-10-05 (水) 20:37:23
    • 間違ってるね。正しくは
      開発サッカーパンチプロダクションズ/発売ソニー・インタラクティブエンタテインメントのめっちゃ洋ゲー -- [.la.y0.6oQE] 2022-10-05 (水) 21:23:31
  • 最近雑談板に出てくるようになったTLてなんぞ?誰かここに足しといてくれんかの? -- [FbambKYs4hI] 2023-02-15 (水) 20:37:50
    • TLの説明を追加しました。 -- [llW0H57fmrY] 2023-02-16 (木) 01:10:18
      • ありがとー! -- [J4mDUM.VCKQ] 2023-02-16 (木) 14:57:03
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


*1 2021/10/20のアップデートから。それ以前では他のステータス効果と同じ位置に表示されていた。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-04-07 (日) 18:31:36